Warning: Constants may only evaluate to scalar values in /home/taika-solution/www/gunpura/blog/wp-content/plugins/easy-fancybox/easy-fancybox.php on line 40

Warning: array_key_exists() expects parameter 2 to be array, string given in /home/taika-solution/www/gunpura/blog/wp-content/plugins/easy-fancybox/inc/class-easyfancybox.php on line 208

Warning: Illegal string offset 'classic' in /home/taika-solution/www/gunpura/blog/wp-content/plugins/easy-fancybox/inc/fancybox-classic.php on line 303

Warning: Illegal string offset 'classic' in /home/taika-solution/www/gunpura/blog/wp-content/plugins/easy-fancybox/inc/fancybox-classic.php on line 309
ウェザリングに便利なMrウェザリングカラー | ガンプラを上手く作りたい

墨入れとウェザリングに便利「Mr.ウェザリングカラー」

墨入れとウェザリングに便利「Mr.ウェザリングカラー」

 

サイト引っ越しをしています。最新はこちらをご覧ください。
https://gunpla.g-box.jp/archives/897

 

墨入れやウェザリングに重宝するのが、クレオスのMr.ウェザリングカラーです。製品名の通り、ウェザリング専用の薄めの塗料です。使用用途としては、ドライブラシでのウェザリング、モールドへの墨入れに使います。Mr.ウェザリングカラーの使い方や、特徴を説明します。

油彩をベースにした伸びのよい塗料です。影やススをイメージした汎用性の高い黒。単体での使用も可能、さらに他の色に混ぜることによって明度の調整をすることができます。

 

墨入れでMr.ウェザリングカラーを使う(事前塗り)

事前に細筆でパーツのモールド(溝)へ流し込みます。その後、エアブラシで塗装を行います。エアブラシでの塗装の場合、モールドの隙間に塗料が入り込みにくいので、細めの墨入れが可能になります。はみ出た部分はブラシで塗装されてしまうので、そのままで大丈夫です。
 


この事前の墨入れですが、縮尺に合わせてモールド墨入れを細くしたい場合に行います。航空機等ではよく使われる手法です。

A-10 ThunderBolt「航空機模型の墨入れをしてみる」

墨入れでMr.ウェザリングカラーを使う(後塗り)

塗装後から墨入れを行う場合、細筆でパーツのモールド(溝)へ流し込みます。
はみ出た部分は指で拭き取ります。ティッシュや綿棒を使うと、流し込んだ塗料も吸い取ってしまいます。指で拭けば、良い感じに色が広がりますので、そこもまたウェザリングした様になりお勧めです。

はみ出てしまった箇所は消しゴムで消すことができますので、修正も簡単なのが有難いです。

 

 

ウェザリングでドライブラシを使う

ドライブラシで表面のウェザリングを行います。ドライブラシは写真の様な毛先の短い筆を使います。右の2本はドライブラシ用として売られている筆。毛が硬くなっています。小傷の表現には重宝しています。左の筆はウェザリング用に普通の筆をカットした物。毛が柔らかいので、汚しに使っています。

ドライブラシとは、ほぼ乾燥している塗料の状態で薄い汚れを表現する事を言います。塗料を筆に取り、ティッシュで拭き取ります。付いているか付いていないか位の塗料で軽く塗ります。ポンポン、サッサッっといった感じです。

塗料色は、グレイッシュブラウン、サンディウォッシュ、ステインブラウンが汎用性が高く使いやすいです。

 

 

墨入れをするとパーツが折れる

首の部分や動力パイプ。墨入れを行ってパーツが折れたという話を聞きます。この場合、タミヤの墨入れ塗料を使っている事が多いです。

これは、この塗料がアクリル塗料の為、パーツを溶かしてしまうからです。塗料を通常で塗る分には問題が無いのですが、多量の塗料を墨入れすると溶かしてしまう訳です。動力パイプ等はモールドが広く深いので、塗料が堪りやすい=浸透しやすいという事です。

タミヤの塗料が問題と言う訳ではありません。タミヤ製プラモデルは、稼働も行いませんし、事前の墨入れを行うなどします。タミヤ製プラモデルを作るための塗料です。ガンプラと使い方が異なるからという事ですね。

クレオス・Mr.ウェザリングカラーは油彩をベースにしていますので、プラスチックへ影響を与えません


ABS樹脂への塗装はこちらをご覧ください。

壊れていくRGザク「ABS樹脂への塗装」

 

筆が付いてたら嬉しいな

タミヤの墨入れ塗料は蓋に筆が付いています。ちょいと塗るのにこれが便利良いのですが、クレオスのウェザリングカラーには筆が付属していません。そこで、クレオス接着剤用の「Mr.接着剤用筆セット」を取り付けてみた所、快適に使えるようになりました。

Mr.ウェザリングカラーが使いやすくなる「Mr.接着剤用筆セット」

 

まとめ

Mr.ウェザリングカラーは使用用途に汎用性が高く、色々と使えます。私としては必須の塗料になっています。色々なウェザリングに工夫して使う事ができますので、お勧めです。

 

使用例はこちら

●ゾック「艦船ダズル迷彩・スジ彫り+増加装甲」Mr.ウェザリングカラーを使ったウェザリング
●ブルーディスティニー1号機EXAM「メタリック塗装のコツ」
●A-10 ThunderBolt「航空機模型の墨入れをしてみる」
●錆の表現塗装①「チッピング」

 

ウェザリングマスターも便利

ウェザリングにはウェザリングマスターも便利です。使い方はウェザリングカラーとは違いますが、一長一短で両方便利に使えます。

ウェザリングマスターって、どう使えばイイの?

 

今回、使用した商品はこちら

Mr.ウェザリングカラー マルチブラック

Mr.ウェザリングカラー グレイッシュブラウン

Mr.ウェザリングカラー サンディウォッシュ

Mr.ウェザリングカラー ステインブラウン

Mr.ウェザリングカラー ブルーグレー

Mr.ウェザリングカラー マルチホワイト

Mr.ウェザリングカラー ラストオレンジ

Mr.ウェザリングカラー マルチグレー

Mr.ウェザリングカラー グランドブラウン

Mr.ウェザリングカラー バイオレット

プラモデル用工具カテゴリの最新記事