2/11ページ

2/11ページ

改造「リックディアス」ボ〇ムズ的な何か

新HGリックディアス。何かに似ていると言われますが、それは気のせいです。これはジオン軍量産の緑色塗装です。右肩はうっかり塗り忘れてしまい赤のままです。ダメだなぁ俺。むせながら作ったからですかね。   リックディアスを改造 最初は迷彩塗装しようと思っていたのですが、どうも角ばったデザインは迷彩のデザインが難しい。ダズル迷彩なんか似合うんですけどね。 で、大きなお目々のリックディアス。これを […]

塗装に便利「逆作用の塗装棒」逆猫の手棒

塗装に必須なネコの手棒。しかし、どうしても挟めないパーツもありますね。そこで便利だったが逆作用の塗装棒です。発想が逆のネコの手棒です。   塗装に便利なネコの手棒 塗装には猫の手棒が便利ですね。割りばしを両面テーブって方法もありますが、ガンプラの場合はパーツ数が多いのでやってられません。そこで使用するのが猫の手棒です。 使い方は、パーツをクリップで挟んで塗装を行います。エアブラシで塗装の […]

飛燕1型迷彩色「ザクⅡ」失敗したぁぁぁ!!

今回はHGザクⅡで飛燕をイメージした迷彩で作成します。川崎3式戦闘機 飛燕1型丁の迷彩色です。 ベアメタル迷彩塗装 昔の戦闘機はシルバー色がありました。これはシルバーは空の色に溶け込むとの認識だったからだそうです。 この金属色のままを「ベアメタル」や「ポリッシュドスキン」と言うそうです。とは言えピカピカにしていると目立つので、艶消しにはしていたんでしょうね。 飛燕の場合、ベアメタルに緑色迷彩を施し […]

【徹底解説】ウェザリング②~各種ウェザリングに合わせた手法~

プラモデルへの汚し塗装、ウェザリングをしたい。ツールを買ってもどう使えば、塗装剥げ・錆・埃・泥・油が出来るのか難しいですね。今回は表現したい汚れ毎に合わせたウェザリング塗装方法を説明します。 ウェザリング解説の第2回目。第1回を読んでない方は、こちらをご覧ください。 前回はウェザリングに使用するツールについての説明を行いました。今回は汚れに合わせたウェザリング手法を説明します。   ウェ […]

【徹底解説】ウェザリング① ~ウェザリングツールの種類~

プラモデルへの汚し塗装、ウェザリングをしたい。調べてみても、あれこれあって難しいですね。色々とある手法やツールの中で私が使用しているウェザリングツールや手法の説明を行います。塗装剥げ、錆、埃、泥、油のウェザリングが対象です。 2回の掲載でウェザリングの行い方を説明をします。今回はウェザリングツールの特徴と手法。次回は行いたいウェザリングに対しての使用法です。   ウェザリングの種類と使用 […]

ガンダム・ビルドダイバーズ「コアガンダム&ヴィートルユニット」グラデーション塗装

HGコアガンダム&ヴィートルユニットをグラデーション塗装します。   HGコアガンダム&ヴィートルユニット バンダイさんから頂いた、ガンダム・ビルドダイバーズのコアガンダム&ヴィートルユニットです。 特段、真新しい事や珍しい事をした訳でもないので、あっさりと。   コアガンダムの作成 まずはコアガンダムが完成。 ちっさ!むっちゃ小さいです。ミクロマンみたいな大きさです。(しって […]

塗料色の確認「じぶん専用色見本帳」

塗装した色が思っていた色と違うってありませんか?じぶん専用色見本帳だと、塗装する前に乾燥後の塗装色を確認する事が出来ます。これは便利でした。   塗ってみたら思っていた色と違う 塗装して乾燥してみたら、あれ?思ってた色と違うって事あります。って言うか多いです。私の場合は、迷彩塗装が多いので緑色だけでも12色はあります。こんなん違いが分からん。 迷彩塗装する際、微妙な色の違いで行う事も多い […]

モデラーに人気「キムワイプ」ってどうなの?

モデラーさんの記事を読んでいると、お勧めで押されているキムワイプ。実際どうなんでしょう?   キムワイプの特徴 プラモデル作成の必須アイテムとかまで言われるキムワイプ。いや、ティッシュでイイじゃん。キッチンペーパーでもイイし。 特徴は以下だそうです。 ・スモールサイズ ・小さく細かな実験器具や部品の拭き取りに ・ケバ立ちや紙粉が少なく、拭き取り後も繊維が目立たない ・水分や油分をすばやく […]

マットメタリック「ギャン」チタンの青焼け的な色使い

ギャンをシルバーで塗装します。合わせてチタンの青焼け的な色使いをして、ポイントを付けました。(Model:YMS-15 GYAN)   塗装の行い方 1.シルバーを塗装 2.その上にクリアオレンジを塗装 3.更にクリアブルーを塗装 キャンディ塗装と同じですね。仕上げは半光沢でトップコートし、ギラ付きを抑えています。   マットメタリック「ギャン」の完成 ちゃっちゃと作ったので、 […]

【解説】ガンプラに、なぜ塗装を行うのか?

  ガンプラは色分け済みパーツである色プラです。では、なぜ塗装をするのかを解説します。結論を先に言うと、好みの問題です。   オリジナルカラーで塗りたい 私は一般兵と量産機が好きです。その量産機を現地で迷彩化させるのは萌えるシチュレーション。ですので迷彩で塗りたいと言う欲望があります。この場合は塗装しかないですね。 また、オリジナルカラーで塗装したいという場合もあります。ガンプ […]

塗装焼け「バイアラン・カスタム」MAX塗りと組み合わせたウェザリング

HGバイアラン・カスタムを、立ち上げ塗装とレインボー塗りを組み合わせてみたら?実験してみましょう。旨くできるでしょうか。 CGっぽい表現になったらイイなと期待しての作成です。(Model:RX-160S BYARLANT CUSTOM)   立ち上げ塗装とレインボー塗りを組み合わせてみる 黒やグレーでの立ち上げ塗装。ウェザリング手法のように見えますが、ウェザリングではありません。塗装の手 […]

STAR WARS「ストームトルーパー」俺はガンダムで行く!

STAR WARS ストームトルーパーのプラモデルを貰いました。単純に作るのも芸が無いねと言う事で、ガンダムカラーで塗ってみました。 ネタで考えた割には、イイ感じのデザインになったなあと思います。   ウォッシング重視で作ってみる いつもはガンプラを作る際に、モールドへ墨入れを行います。が、トルーパーの場合はサイズ的にそれはどうかと言う事で、ウォッシングのみで作成。これがイイ感じに仕上が […]

多脚戦車「ガンタンク初期型・多脚実験機」足を4本生やしてみた

脚があった方が迫力あるよねと思い、HGガンタンク初期型へ4本の脚を付けて多脚戦車としました。オラザク選手権へ応募する為に作成です。(model : RTX-65 GUNTANK EARLY TYPE)   使用したキット HG 機動戦士ガンダム THE ORIGIN RTX-65 ガンタンク初期型 30MM eEXM-17 アルト(陸戦仕様) その他、余っていたガンプラ部品   […]

MAX塗りって何だ?「高機動型ザクII」黒立ち上げで作ってみる

今回は、HG 高機動型ザクIIオルテガ専用機をエアブラシにて「黒立ち上げ」と言う手法で塗装してみます。Max塗りとも言われている手法です。   黒立ち上げ塗装とは? まずは本体の全部を黒色で塗装します。その後エッジの部分のみを残して、本体色を塗装します。これにより、エッジ部分の陰影を表現する方法です。 こういった方法ですので、エアブラシは必須となります。 完成後の状態としては、パステルシ […]

鉄血のオルフェンズ「ガンダムグシオン」錆ウェザリング

HGガンダム・グシオンを黒&グレーの都市迷彩で作成します。肉弾戦が多いだろうと言う事で、錆ウェザリングも大目に行っています   ガンダムグシオン しかし、でっかいハンマーですね。宇宙宇宙空間でこんな大きいハンバーを振り回したら、慣性が凄いことになりそうです。 今回は、スタンピングスポンジを使って塗装剥げを表現します。このカラーリングと錆加減はテストの為に作成です。このグシオンを作成した当 […]

1 2 11