ウェザリング

1/4ページ

少し配色を変えてみた「シャア専用ズゴック」スジ彫りとドライブラシ

知人からシャア専用ズゴックが欲しいと言われて作成。今回はMGです。そのまま作るのもあれなんで、スジ彫りをしてみました。 コロナ過が終わらない昨今。ガンプラが進みそうなもんですが、停滞中です。バイクを新しく買いまして、気持ちがそっちに行ってしまって。いかんですね。とは言え、梅雨が近づいているので、またガンプラ三昧ですね。   作成とフレーム塗装 スジ彫りの工程、写真を撮っておけば良かったと […]

デザート迷彩「グフカスタム」現地カスタムでケージ装甲を装着

グフカスタム。砂漠に似合う機体ですね。今回は、HGUCグフカスタムをデザート迷彩とし、現地カスタムでケージ装甲を付けてみました。 ケージ装甲とは? スラット・アーマーとも言います。 柵状や格子状の増加装甲を車両の周囲に装着し、対戦車兵器による攻撃を無力化する目的で取り付けられた装甲です。飛来した弾頭を車両本体に命中する前に柵の隙間や格子に挟み込み、起爆することを妨害します。 地上戦を行うモビルスー […]

ウェザリング「Mr.シリコーンバリアー」実際に塗装を剥がす

ウェザリングにも色々と手法があります。今回は、クレオスのMr.シリコーンバリアーを使って、本当に塗装を剥がしたウェザリングを行います。 1/144のスケールを多く作っているので、あまり使用をしていないのが、シリコーンバリアーによるウェザリングです。今回は1/100ポリポッドボールがあるので、こちらで試してみます。 Mr.シリコーンバリアーとは? シリコン型の作製、キャストでの複製の際に活躍する万能 […]

バリバリ剥がすぞ「ポリポッドボール」シリコーンバリアーで塗装剥げ

足つきのボール。ポリポッドボールです。今回はMr.シリコーンバリアーを使用して塗装剥げを行います。   シリコーンバリアーを試してみる 塗装を実際にバリバリと剥がします。1/144主体の私は、スケール的にあまり使用をしないのがMr.シリコーンバリアーです。私の場合はモビルスーツに合う小さ目の塗装剥げとなると、スポンジチッピングを行っています。今回はその辺りは考えずに使ってみましょう。ちょ […]

ウェザリング「ストレーキング筆」ウォッシングに大活躍

ウォッシングに便利と言う事で、ガイアノーツのストレーキング筆を購入してみました。使ってみました。結果、もうこれは必須ですね。便利でした。   ウォッシングって何? 私はMr.ウェザリングカラーを使用しています。この塗料を汚したい場所へ塗装。軽く乾燥したら、Mr.ウェザリングカラー薄め液と筆を使い、埃や泥が付いた感じにふき取るのがウェザリング方法です。塗装した汚れ色をバシャバシャと筆で流し […]

塗装剥げの表現「Gペン」細筆で塗るよりも楽

塗装剥げの表現。もう少し楽できないかなと思い、Gペンを使ってみました。筆よりも狙いやすく、多くの塗料を保持してくれます。まさにペンの様に使えます。   塗装剥げを塗装する。なんだか変な表現ですね。いつもは細筆で行っていますが、もう少し楽したいなと言う事でGペン(漫画ペン)を使ってみる事にしました。   Gペン(漫画ペン)って? つけペンは、ペン先にインクをつけながら筆記・描画に […]

極細のパステルシャドウ「シルヴァ・バレト・サプレッサー」マルーン色って難しい

買ったはイイけど、あまり使っていない塗料のマルーン。こちらを試してみます。次に、角ばったモデルに合いそうな極細のパステルシャドウも試してみます。   マルーン色の発色 今回も、バンダイさんから頂いたモデル。HGUCシルヴァ・バレト・サプレッサーです。 まず、Mrカラー100のマルーン。こちらです。蓋を見ると良い色なのですが、むっちゃ難しいです。赤系色は隠蔽率が悪いものですが、マルーンはま […]

デザート・スナイパー「デスアーミー」カスタムベースに最適

今回は、バンダイさんから頂いたデスアーミー。顔以外は好みのデザインです。と言う事で、リアル路線に改造してみました。   まずは組み上げる まずは、ゲート跡処理をしつつ素の状態で組み上げて、2時間もあれば完成です。 完成しての感想ですが、これシンプルでいいデザインですね。頭と目以外には癖が無いのでカスタムのベースにはピッタリかと思います。塗装にしろ改造にしろ、シンプルなデザインって言うのが […]

改造「リックディアス」ボ〇ムズ的な何か

新HGリックディアス。何かに似ていると言われますが、それは気のせいです。これはジオン軍量産の緑色塗装です。右肩はうっかり塗り忘れてしまい赤のままです。ダメだなぁ俺。むせながら作ったからですかね。   リックディアスを改造 最初は迷彩塗装しようと思っていたのですが、どうも角ばったデザインは迷彩のデザインが難しい。ダズル迷彩なんか似合うんですけどね。 で、大きなお目々のリックディアス。これを […]

【徹底解説】ウェザリング②~各種ウェザリングに合わせた手法~

プラモデルへの汚し塗装、ウェザリングをしたい。ツールを買ってもどう使えば、塗装剥げ・錆・埃・泥・油が出来るのか難しいですね。今回は表現したい汚れ毎に合わせたウェザリング塗装方法を説明します。 ウェザリング解説の第2回目。第1回を読んでない方は、こちらをご覧ください。 前回はウェザリングに使用するツールについての説明を行いました。今回は汚れに合わせたウェザリング手法を説明します。   ウェ […]

【徹底解説】ウェザリング① ~ウェザリングツールの種類~

プラモデルへの汚し塗装、ウェザリングをしたい。調べてみても、あれこれあって難しいですね。色々とある手法やツールの中で私が使用しているウェザリングツールや手法の説明を行います。塗装剥げ、錆、埃、泥、油のウェザリングが対象です。 2回の掲載でウェザリングの行い方を説明をします。今回はウェザリングツールの特徴と手法。次回は行いたいウェザリングに対しての使用法です。   ウェザリングの種類と使用 […]

モデラーに人気「キムワイプ」ってどうなの?

モデラーさんの記事を読んでいると、お勧めで押されているキムワイプ。実際どうなんでしょう?   キムワイプの特徴 プラモデル作成の必須アイテムとかまで言われるキムワイプ。いや、ティッシュでイイじゃん。キッチンペーパーでもイイし。 特徴は以下だそうです。 ・スモールサイズ ・小さく細かな実験器具や部品の拭き取りに ・ケバ立ちや紙粉が少なく、拭き取り後も繊維が目立たない ・水分や油分をすばやく […]

鉄血のオルフェンズ「ガンダムグシオン」錆ウェザリング

HGガンダム・グシオンを黒&グレーの都市迷彩で作成します。肉弾戦が多いだろうと言う事で、錆ウェザリングも大目に行っています   ガンダムグシオン しかし、でっかいハンマーですね。宇宙宇宙空間でこんな大きいハンバーを振り回したら、慣性が凄いことになりそうです。 今回は、スタンピングスポンジを使って塗装剥げを表現します。このカラーリングと錆加減はテストの為に作成です。このグシオンを作成した当 […]

Mr.ウェザリングカラーが使いやすくなる「Mr.接着剤用筆セット」

Mr.ウェザリングカラーが劇的に使いやすくなるMr.接着剤用筆セットの説明です。墨入れがとても楽になります。   筆が付いていない Mr.ウェザリングカラーには筆が付いていないのが難点です。タミヤの墨入れ塗料には筆が付いているので、クレオスを買うと付いていない事にショックです。ポッチだけ付いているので、あれ?筆は瓶の中に落ちちゃった?とパニくる事になります。 とは言え、Mr.ウェザリング […]

航空自衛隊・洋上迷彩「ハイゴッグ」ノズル焼付きの塗装方法

ジオラマ用にハイゴッグを作ります。今回は、複数色のクリアカラーでノズルの焼付きを表現塗装してみました。(model : MSM-03C HY-GOGG)   1/144HGUCハイゴッグ 1/144HGUC ハイゴッグです。ハイゴッグは格好いいですよね。デザインとしては、とても好きです。それに面積が大きいので、迷彩塗装の幅も広がります。迷彩好きには、これ大事です。連邦系は細いので塗装面積 […]

1 4