ジオラマ「簡単なアスファルト道路の作り方」&タミヤ・情景テクスチャーペイント

ジオラマ「簡単なアスファルト道路の作り方」&タミヤ・情景テクスチャーペイント

ジオラマで市街戦を作る場合に大切になってくるのが路面です。グレー塗料で単純に塗っただけだと味気ない。リアルなアスファルトをジオラマにしたいですよね。そこて便利なのが、タミヤの情景テクスチャーペイントシリーズです。

 

リアルなアスファルトを作りたい

今回は「路面・ダークグレイ」を使って、アスファルトの道路を作ります。

 

情景テスクチャーペイントとは

情景テスクチャーペイントとは、こんな塗料です。

アスファルトや石の表現に便利な情景製作のための水性塗料。細かいセラミック粒子を配合したペーストタイプで、乾くと細かな凸凹のある表面に仕上がり。厚く盛りつけたり、乾燥前なら表面に様々な表情をつけることが可能。

今回は、タミヤ メイクアップ材シリーズ No.115 情景テスクチャーペイント (路面 ダークグレイ)を使います。開けてみるとドロッとした塗料ですね。うまく塗れるのかな?と不安になりますが、大丈夫です。

 

 

まずはベースを用意

ジオラマでまず必要なのはベースです。今回は100均で買ってきた、コレクションケースをベースとして使います。最初にベースへマスキングを施します。

 

塗料を塗り整える

まずは厚紙などで、情景テスクチャーペイントを適当にベタベタ塗ります。厚塗りです。その後、プラ板で表面を均一に整えます。多少ボコボコしていますが、この程度になれば大丈夫です。損傷したアスファルトの様にしたければ、もう少し荒くても良いです。

 

 

 

乾燥を待つ

乾燥が遅いので、しばらく乾かします。この遅い乾燥が情景テスクチャーペイントのキモになります。しばらくすると表面は自重で均一化し、綺麗なアスファルト状態になります。これは便利ですね。マスキングは完全に乾く前に外してください。
これは綺麗ですね。乾燥したら感動です。

 

 

 

完成

歩道をプラ板で作り、白線を塗装して出来上がり。
とても便利で簡単にアスファルトが完成します。ちょっとしたジオラマでも、情景テスクチャーペイントを使えば格好良いものが作れそうですね。

 

 

作品例はこちら

楽して作るジオラマ・市街戦「ジオコレ建物・解体中の建物B」

ザク・スナイパー&市街戦ジオラマ「建物に潜むザク・スナイパー」

 

参考

●ザク&廃墟ジオラマ「放置されて朽ちたザクⅡ」
●楽してジオラマを作ってみる「ジオコレ建物・廃墟」
●錆の表現塗装①「チッピング」
●錆の表現塗装②「めくれた錆」
●錆の表現塗装③「大きな錆」

今回、使用した商品

タミヤ メイクアップ材シリーズ No.115 情景テスクチャーペイント (路面 ダークグレイ)

 

製作手法カテゴリの最新記事